胃ろうなどの経管栄養の処置は、以前から賛否がわかれています。 「管をいっぱい繋がれて延命したとして、はたして本人は幸せなのか?」と。 一旦、経管栄養にしても、回復する見込みがあれば、私は選択肢としてあって良いと思います。 […]